友だち
登録は
こちら

診察の
ご予約

美と健康に、内からアプローチする「点滴療法」

いつまでも若々しく、美しく、そして健康で!

緑の森点滴ルームは、ゆったりとくつろいだ雰囲気の中で施術をお受けいただけるよう、個室をご用意しております。美容と健康の維持・増進を目的として、身体の内側からのアプローチするための各種点滴療法をご案内しております。

※点滴の診察は院長になります

  • NMN点滴療法

  • M2Pエクソソーム
    点滴

  • 各種点滴

NMN点滴療法β-Nicotinamide Mononucleotide

ハーバード大学医学部の研究で若返り効果が発見されたアンチエイジング療法です。

NMNの主な効果
  • サーチュイン(長寿)遺伝子の活性化
    若々しさがよみがえる
  • 体力がよみがえる
  • 熟睡できる
  • エストロゲンの上昇
  • 運動中の呼吸が楽になる
  • 肌のキメがアップ
  • ミトコンドリアの活性化
  • 頭がスッキリする
  • 思考・集中力が高まる
  • 代謝が上がる
NMNとは?

正式名称は「ニコチンアミドモノヌクレオチド」。
NMNはビタミンに似た物質で、体の中で自然に作られます。しかし加齢に伴い体内での生産量が減ってしまいます。
NMNが体内から少なくなると加齢がはじまり、身体機能や認知機能の老化が進むと考えられています。
このNMNを摂取することで、身体の見た目や機能が、まるで時計の針を戻すように劇的な変化を起こすことを突き止めた研究が次々と発表され、「若返りの薬」としての可能性があると世界中で注目を集めています。
因みに、NMNを多く含む食品として、枝豆、ブロッコリー、キュウリなどがありますが、ブロッコリーの場合1日100mgのNMNを摂取しようとすると約40kg(約2000房)の量が必要になります。点滴により効率よく、NMNを体に取り入れることができます。
ハーバード大学医学部 デビッド・シンクレア教授はNMNについて、以下のように述べています。
人間でいえば60歳にあたる生後22カ月のマウスに、NMNを投与しました。すると1週間後に、生後6カ月のマウスに相当する筋肉になっていたのです。これは、人間でいえば20歳にあたります。つまり、たった1週間という短期間で、実に40歳の若返りを果たしたのです。
NMNにはまだ否定的な面は発見されていません。それどころか、眼の疾患や難聴、肝臓や心臓を守る作用があるとわかっています。また、肝臓がんにかかったマウスたちに投与したところ、腫瘍が消えたこともありました。
まるで万能薬のようですが、世界中の研究室が確認している事実なのです。
若返り成分NMNは、体内に吸収されたのち全身の隅々に届けられることでNAD+という物質に変換されます。
NAD+は全ての生き物の体内に存在し、若さと健康維持に影響を与えていますが、10代後半をピークに減少していきます。さらに40代になるとピーク時の半分まで減少してしまうことで、若々しさが失われてしまいます。
そのため、体内のNAD+濃度を上げる方法として、NAD+の原材料であるNMNを補うことが効果的です。

NMN点滴によるサーチュイン(長寿)遺伝子活性化とは?

いつまでも若く健康でいたいと思うのは、万人の願いです。しかし、年齢に応じて肌も体力も衰え、年齢相応となっていきます。では何が老化の原因となっているのでしょうか。人間の老化や寿命に深く関わっている遺伝子の存在があります。それが「サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)」なのです。
この遺伝子の活性化が肌細胞・体力・疲労などの身体機能を改善し、若返りをもたらします。
NMN点滴は、このサーチュイン遺伝子を活性化するためのもので、いつまでも若さを保ち、健康的な生活をお送りいただくためのものです。

料金
100mg 33,000円
150mg 46,750円
200mg 60,500円
300mg 88,000円

治療期間・回数
健康の維持・増進を目的として:1~4週間に1回程度 継続されることが推奨されています。
※症状によって施術回数は異なります

リスク・合併症・注意事項
点滴投与中に、血管痛がおきる場合があります。

未承認医薬品等であることの明示、入手経路等の明示
本治療に用いる未承認医薬品等は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものです。
院内調剤(一部外部委託)として、適法に調剤しています。
日本では、未承認医薬品を、医師の責任において使用することができます。
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/
もご覧ください。

国内の承認医薬品等の有無の明示
本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません。

諸外国における安全性等に係る情報の明示
主要な欧米各国で承認されている国はありませんが、ワシントン大学医学部を始めとして、臨床試験(二重盲検無作為化試験)が開始されています。
日本は、慶応大学医学部のグループが臨床試験を行い、ヒトに安全に投与可能であると結論付けています。
現時点では、重大な副作用の報告はありません。

治療に適さない方
う腎機能低下・透析中・妊婦・授乳中の方・ご高齢で心疾患をお持ちの方・採血が困難な方・極度の低血圧の方・不安神経症の方・針に対する恐怖心の強い方・アナフィラキシーの既往のある方・肌が極端に弱い方・医師の判断で適さない方


※効果の感じ方には個人差があります。

M2PエクソソームTM点滴

エクソソーム点滴はこのようなお悩みに効果的です
  • 肌の老化が気になる
  • 疲れが取れない
  • 眠りが浅い
  • 集中力が続かない
  • 関節が痛い
  • 薄毛が気になる
  • 性欲の減退
  • 動脈硬化

M2PエクソソームTM点滴
エクソソームは幹細胞から分泌される物質で、抗炎症と組織の修復作用をもたらすことから、脳卒中、肝硬変、がん、リンパ浮腫、関節疾患といった様々な疾患の治療への応用が検討されています。
幹細胞による各種美容効果も、エクソソーム がキーファクターだという考え方が現在の主流です。
エクソソーム点滴は、このエクソソームを全身に届けて、血管の若返りと血管新生を促し、身体と脳のパフォーマンスを最大限に引き出します。

期待できる効果
●血管新生

エクソソームの大きさは30~100nmと極めて小さいので、血流を通じて全身に運ばれます。組織間を自在に移動し、抗炎症・抗酸化を促進。弾力のあるしなやかな血管へと導きます。

  • 脳卒中/心筋梗塞の予防
  • アレルギー性疾患改善
  • 免疫力向上
●認知機能回復

エクソソームはアルツハイマー型認知症の原因物質であるアミロイドβやタウタンパク質の増減に影響を与えると考えられており、認知機能にも好影響をもたらすことが期待されています。

  • 不眠改善
  • 集中力アップ
  • 認知症予防
●アンチエイジング

エクソソームの投与によってマウスの老化が軽減され、健康寿命の延長にも影響を及ぼしたことが示されています。このことから、肌や頭皮も含んだ全身の抗老化作用が期待できます。

  • 毛髪再生
  • 肌老化の改善
  • シミ/シワ改善
当院が採用するM2PエクソソームTMについて

抗老化に特化したM2PエクソソームTMを採用
アンチエイジング効果を最大限に引き出すために、当院では選りすぐりのエリート幹細胞から抽出した「M2PエクソソームTM」を採用しています。抗老化を促進し、アンチエイジングを強く後押しします。

純度99%のエクソソームを使用
幹細胞の培養で使用される培地の成分(グルタミン酸)や、培養過程で排出される乳酸などの老廃物は検出されず、エクソソームそのものの回収率は高く維持されました。

老化の根本原因は炎症

老化は全身の組織で生じる慢性的な炎症が原因となって引き起こされます。細胞の損傷、遺伝子の機能低下、免疫能力の低下は、健康寿命を脅かす大きな要因になります。

炎症を司る2つのマクロファージ「M1」と「M2」

老化は全身の組織で生じる慢性的な炎症が原因となって引き起こされます。細胞の損傷、遺伝子の機能低下、免疫能力の低下は、健康寿命を脅かす大きな要因になります。

選ぶべきは「M2」を増やすエクソソーム

アンチエイジングという観点では「M2マクロファージ」の比率を上げるエクソソームの投与が理想的だと考えられます。最近の研究ではM1マクロファージの投与が老化の進行に拍車をかけることが明らかになっています。M1マクロファージの培養上清液を添加することで、線維芽細胞に含まれる老化細胞の割合が大きく上昇したのです。

以上のような背景のもと誕生したのが、当院が採用する「M2P-ExosomeTM」です。
M2PエクソソームTMは、M1マクロファージ(炎症性)からM2マクロファージ(抗炎症性)への分極化を促進します。つまり、組織の抗炎症性を高め、老化の根本原因である炎症を抑えることで強力な若返りを促すのです。このM2PエクソソームTM は、脂肪由来幹細胞の5,000個に1個の割合で存在するエリート幹細胞のみを培養して得られます。言うなれば抗老化に特化したハイスペックなエクソソーム。免疫細胞にシグナルを送り、炎症を抑え、血管新生、組織修復を促す働きがあります。

M2PエクソソームTMは、通常の脂肪由来幹細胞の5,000個に1つのエリート幹細胞のみをセレクトし、それを培養することで抽出します。エリート幹細胞は若く、増殖速度も非常に速いのが特徴です。

エクソソームの治療効果を最大限に引き出すため、以下の基準を設けてその品質維持に努めています。
  • 幹細胞のドナーは若い日本人
  • 幹細胞は若くて健康な細胞を厳選
  • 厳格な規格を設定
  • 無菌検査をクリア
  • ロット単位でナンバリングされた正規品のみを使用
料金
2バイアル 66,000円
3バイアル 93,500円
4バイアル 121,000円

1バイアル=1ccで、点滴は2バイアルからの投与となります

治療期間・回数
投与の間隔は1~2週間に1回程度 3ヵ月(計12回)の継続をされることが推奨されています。

リスク・合併症・注意事項
・点滴部位に一時的な痛み、内出血が見られる可能があります。
・アレルギー反応を生じることがあります。
・悪性腫瘍と診断され、寛解から間がない方については治療をお断りすることがあります。
・生物製剤を使用した治療法であるため献血は控えてください。

治療に適さない方
悪性腫瘍治療中の方・18歳以下の方・妊婦・授乳中の方・腎機能低下・透析中・ご高齢で心疾患をお持ちの方・採血が困難な方・極度の低血圧の方・不安神経症の方・針に対する恐怖心の強い方・アナフィラキシーの既往のある方・医師の判断で適さない方

未承認医薬品等であることの明示
本治療に用いる未承認医薬品等は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものです。院内調剤(一部外部委託)として、適法に調剤しています。日本では、未承認医薬品を医師の責任において使用することができます。

入手経路等の明示
AZACLIより購入

国内の承認医薬品等の有無の明示
本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医薬品はありません。

諸外国における安全性等に係る情報の開示
確認しておりません

血液オゾン療法

オゾン療法とは、ヨーロッパでは広く行われている、オゾンガスを用いた治療法の総称です。

血液オゾン療法は5つの健康促進作用があります。
  • 抗酸化力の強化
  • 体内の酸素化の強化
  • 末梢血流の増加
  • 免疫機能の向上
  • 細胞の活性化
  • 血液の流れを改善し、疲労の予防、活力の快復に対する効果があると言われています。
  • 新陳代謝を盛んにし、免疫担当細胞を活性化させ、病気の治癒を促進すると言われています。
料金
初回 19,800円
1回 23,100円
血液検査(必ず検査が必要です) 7,150円

治療期間・回数
健康の維持・増進を目的として:2~3週間に1回程度 継続されることが推奨されています。
※症状によって施術回数は異なります

リスク・合併症・注意事項
・治療中に血液凝固などの理由(採血困難・返血困難など)で治療が続けられないことがあります。甲状腺機能亢進症の方が治療を受けると、低血圧になる可能性があります。
・抗凝固剤による副作用として、クエン酸ナトリウムによるしびれがまれに起こることがあります。
・治療に使用する専用容器(血液を採取するビン)や針などの備品は、安全に無菌処理され一度使用したものは全て破棄致します。落下菌などによる感染症の心配はありません。

未承認医薬品等であることの明示、入手経路等の明示
本治療に用いる未承認医薬機器は、医薬品医療機器等法上の認証を得ていないものですが、「医師等の個人輸入」により適法な輸入許可を得ています。
日本では、未承認医療機器を医師の責任において使用することができます。
未承認医療機器についての情報「個人輸入において注意すべき医療品等について
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/
もご覧ください。

国内の承認医薬品等の有無の明示
本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません。

諸外国における安全性等に係る情報の明示
本治療に使用するオゾン発生機、その専用器具はEU内における医療機器として認証されたものです(認証年月日:1993年6月14日)。

治療に適さない方
うっ血性心不全・著しい浮腫がある場合・腹水・腎不全・重度の糖尿病(特にインシュリンを使用している場合)・G6PD欠損症(日本人にはまれ)・透析中・妊娠中・授乳中の方・ご高齢で心疾患をお持ちの方・採血が困難な方・極度の低血圧の方・不安神経症の方・針に対する恐怖心の強い方・アナフィラキシーの既往のある方・医師の判断で適さない方

※この治療は、点滴療法研究会及び酸化療法医学会の指針に基づき治療を行っています。
※効果の感じ方には個人差があります。

高濃度ビタミンC点滴療法

1回/25gの高濃度ビタミンC点滴は、レモン約1000個分のビタミンCを静脈から直接体内へ吸収することで、体の機能を整え、美白や美肌、疲労回復、免疫力アップなどのいろいろな効果が期待できます。

サプリメントのビタミンCとの違い

人間はビタミンC合成に必要なL-グノロラクトン酸化酵素がないため、体内でビタミンCを作ることができません。ビタミンCは身体に吸収されるのにとても時間がかかるうえ、経口では大量に投与しても過剰なビタミンCは吸収されずに尿として排出されてしまいます。
しかし、点滴なら消化吸収というプロセスが無いため、体内に維持されビタミンCの血中濃度は経口の何十倍も高くなります。

料金
クイック(ビタミンC10g) 8,800円
ベーシック(ビタミンC25g) 12,100円
スペシャル(ビタミンC50g) 20,900円
血液検査(必ず検査が必要です) 7,150円

治療期間・回数
健康の維持・増進を目的として:2~3週間に1回程度 継続されることをおすすめします。

リスク・合併症・注意事項
血管穿刺部位の軽度の痛み、吐き気。これらは、点滴速度を遅らせることで改善します。頭痛、身体の震えなどが起こる場合があります。

治療に適さない方
うっ血性心不全・著しい浮腫がある場合・腹水・腎不全・重度の糖尿病(特にインシュリンを使用している場合)・G6PD欠損症(日本人にはまれ)・透析中・妊娠中・授乳中の方・ご高齢で心疾患をお持ちの方・採血が困難な方・極度の低血圧の方・不安神経症の方・針に対する恐怖心の強い方・アナフィラキシーの既往のある方・医師の判断で適さない方

未承認医薬品等であることの明示
高濃度ビタミンC点滴用の輸入製剤(マイラン社製)は薬機法上の承認は得ていません。

入手経路等の明示
当院は高濃度ビタミンC点滴製剤を点滴療法研究会が推奨する輸入代行会社を通じて購入しています。

国内の承認医薬品等の有無の明示
高濃度ビタミンC点滴用の輸入製剤は、現在厚生労働省が承認しているものはありません。

諸外国における安全性等に係る情報の開示
これまでに海外において様々な臨床試験が行われ、論文として公表されています。
その中で治療を中止せざるを得ないような副反応の報告はありません。

治療内容の説明
ビタミンCは、体内でコラーゲンの生成ならびに重要な抗酸化物質として働いている栄養物質です。その重要な栄養物質である「ビタミンC」を点滴投与することにより、高度なアンチエイジング美肌効果やがん治療・予防、または歯周病治療から抗酸化、免疫力向上など、あらゆる方面で効果が期待できます。

※この治療は、点滴療法研究会の指針に基づき治療を行っています。
※効果の感じ方には個人差があります。

水素点滴療法

水素を生理食塩液に溶かしたものを、血中に点滴で注入する療法です。
水素には人にとって有害な「悪玉活性酸素=ヒドロキシラジカル」とだけ結合して、水となって身体から取り除いてくれる優れた特性があります。

料金
1回 100cc 11,000円
他の点滴と併用した場合 7,700円
1回 200cc 16,500円
他の点滴と併用した場合 11,000円

治療期間・回数
健康の維持・増進を目的として:1~2週間に1回程度 継続されることが推奨されています。
※症状によって施術回数は異なります

リスク・合併症・注意事項
点滴投与後に、だるさなどがでる場合があります。

治療に適さない方
腎機能低下・透析中・妊婦・授乳中の方・ご高齢で心疾患をお持ちの方・採血が困難な方・極度の低血圧の方・不安神経症の方・針に対する恐怖心の強い方・アナフィラキシーの既往のある方・肌が極端に弱い方・医師の判断で適さない方

※効果の感じ方には個人差があります。

プラセンタ療法

プラセンタには、アミノ酸、活性ペプチド、ビタミン、ミネラル、酵素、核酸といった種々の生理的な活性物質などが含まれていると言われています。
この胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を、注射や内服(プラセンタサプリメント)などにより治療に用いる療法の総称を“プラセンタ療法”として、それぞれの方のご希望や症状に合わせてご案内しております。

料金
1アンプル(2ml) 1,100円
2アンプル 2,200円
3アンプル 2,750円
4アンプル 3,300円

治療期間・回数
健康の維持・増進を目的として:1~2週間に1回程度

リスク・合併症・注意事項
献血が出来なくなります。筋肉に注射をされる場合、軽い筋肉痛がおこる場合があります。また、注射部位が赤くなったり腫れたりすることもあります。

治療に適さない方
プラセンタにアレルギーがある方・妊婦・授乳中の方・ご高齢で心疾患をお持ちの方・採血が困難な方・極度の低血圧の方・不安神経症の方・針に対する恐怖心の強い方・アナフィラキシーの既往のある方・医師の判断で適さない方

※効果の感じ方には個人差があります。

マイヤーズカクテル
(ビタミンミネラル点滴)

米国のジョン・マイヤーズ医師により開発されたビタミンとミネラルによる点滴療法のことです。
気が付かないうちに、慢性的な不足に陥っている「身体にとって必要不可欠な各種ビタミンやミネラル」などを組み合わせ、直接体内へ吸収させます。

料金
スタンダードA 5,500円
スタンダードB 6,050円
スタンダードC 6,600円

治療期間・回数
健康の維持・増進を目的として:2~3週間に1回程度

リスク・合併症・注意事項
まれに血管痛や身体が熱く感じることがあります。点滴投与後に、だるさなどがでる場合があります。

治療に適さない方
腎機能低下・透析中・妊婦・授乳中の方・ご高齢で心疾患をお持ちの方・採血が困難な方・極度の低血圧の方・不安神経症の方・針に対する恐怖心の強い方・アナフィラキシーの既往のある方・医師の判断で適さない方

※この治療は、点滴療法研究会の指針に基づき治療を行っています。
※効果の感じ方には個人差があります。

グルタチオン点滴療法

抗酸化物質の中でも、最も強力なグルタチオンは、脳内で絶えず発生する活性酸素を消去して、活性酸素から脳神経細胞を守ります。
当院でのグルタチオン点滴はパーキンソン病の方のみ、点滴療法研究会の情報と指針に従って実施しています。

料金
1回 5,500円

治療期間・回数
最初は週2~3回の投与をし、効果が安定してくると週1~2回になります。その後は、3ヵ月の効果を見てスケジュールを決定します。

リスク・合併症・注意事項
グルタチオンは低血糖症状が出現する可能性があります。

治療に適さない方
糖尿病・腎機能低下・透析中・妊婦・授乳中の方・ご高齢で心疾患をお持ちの方・採血が困難な方・極度の低血圧の方・不安神経症の方・針に対する恐怖心の強い方・アナフィラキシーの既往のある方・医師の判断で適さない方

※効果の感じ方には個人差があります。

にんにく注射

有効成分のビタミン群を効率的に摂取する注射です。

有効成分
ビタミンB1
摂取した糖分を分解し、体や脳が活動するのに必要なエネルギーに変える働きを助けます。
また、筋肉にたまる疲労物質である乳酸の除去や、血流も良くなって新陳代謝が高まります。
ビタミンB2
炭水化物やたんぱく質、脂質の代謝に不可欠で、生体内で利用可能なエネルギーを作り出します。
皮膚や髪、爪などの細胞の再生に働き、肌荒れなどのトラブルや、目の充血や疲れ目、涙目などの改善にも効果があります。
ビタミンC
シミの原因となるメラニンの生成を抑えたり、肌の弾力を保つ細胞コラーゲン、エラスチンを増やして保水力をあげます。また風邪などのウイルスや細菌の感染症を予防する効果もあります。
料金
1回 3,300円

治療期間・回数
体調をみて気になった時に

リスク・合併症・注意事項
まれに血管痛や身体が熱く感じることがあります。点滴投与後に、だるさなどがでる場合があります。

治療に適さない方
腎機能低下・透析中・妊婦・授乳中の方・ご高齢で心疾患をお持ちの方・採血が困難な方・極度の低血圧の方・不安神経症の方・針に対する恐怖心の強い方・アナフィラキシーの既往のある方・医師の判断で適さない方

※効果の感じ方には個人差があります。