注射や注入による治療

A型ボツリヌス毒素製剤治療

A型ボツリヌス毒素製剤は、表情じわの原因となる特定の筋肉の緊張を和らげる効果があります。
神経からアセチルコリンが出るのを抑え、筋肉の過剰な動きをやわらげることによりシワを軽減します。
また、フェイスラインの“エラ”の部分には、咬筋(こうきん)という筋肉があり、この咬筋が鍛えられるとエラが張った状態になります。A型ボツリヌス毒素製剤を咬筋に注射して筋肉の緊張を緩和して、フェイスラインをすっきりさせます。

施術部位 額・眉間・目尻・鼻根・咬筋

料金
眉間 30,000円
30,000円
目尻 40,000円
咬筋 40,000円

通院 
変わった反応がなければ、2~3週間後に経過を診せにいらして下さい。

メイク 
翌日の朝から可能です。

洗顔・入浴 
当日から可能ですが、注射部位を強く擦ることは絶対に避けて下さい。

通院の間隔
効果を持続させるためには、定期的に治療を受ける必要があります。効果は約3~4ヶ月持続しますので、3ヶ月以上の間隔をあけて治療していきます。

ダウンタイム
赤み・腫れ・内出血が生じる可能性があります。ごくまれに発赤、疼痛、圧痛、腫張を伴う炎症反応が出現する可能性があります。

リスク・合併症
治療後は、目周りの違和感、頭痛などがまれに出現することがあります。注入量や注入部位(額・眉間)により、ボトックスが眼瞼に移動することで眼瞼下垂になる恐れがあります。

注意事項
投与中及び最終投与後は避妊をして下さい。
【女性】最終投与後2回の月経を経るまで
【男性】最終投与後3ヶ月

ヒアルロン酸注入治療

ヒアルロン酸は保水性が高く肌のハリや弾性には不可欠なもので、皮膚内に注入すると体内に元から存在する自己のヒアルロン酸と融合して皮膚に膨らみをもたせ、シワを隆起させます。
体内組織への適合性も高く、注入後は自然に皮膚組織に融合します。

施術部位シワやたるみの改善には、シワやたるみそのものを見るだけではなく、顔全体を見て立体的な改善を考える事が重要となります。
シワやたるみの原因であるボリュームロスの改善と、ボリュームロスによって生じる陰影の改善、支持靭帯を引き上げるリフティングポイントへの注入によるリフトアップ効果を図ります。
左右対称を意識してバランスよく注入し、頬から口角へのライン・鼻から顎へのEラインの改善を意識し、全体的に過注入をしないようにナチュラルルッキングを目指す治療を行っております。

料 金 / 1本 1.0cc
ヒアルロン酸
(持続約1年)
初回 50,000円
通常 65,000円
ヒアルロン酸
(持続約2年)
初回 80,000円
通常 100,000円

通院 
変わった反応がなければ2~3週間後に経過を診せにいらして下さい。

メイク 
翌日から可能です。

洗顔・入浴 
当日から可能ですが、注射部位を強く擦ることは絶対に避けて下さい。

通院の間隔 
効果を持続させるために、持続期間1年のものは半年から1年、持続期間2年のものは1年半から2年おきに継続されることをおすすめします。

ダウンタイム
注入による反応のため、2~3日腫れを感じる場合があります。赤みや内出血が生じる場合があります。

リスク・合併症・注意事項
ごくまれに、万一ヒアルロン酸製剤が血管内に入り詰まってしまうと、血流障害が起こり、動脈や静脈の塞栓や皮膚の壊死に至る危険性があります。ヒアルロン酸製剤によるアレルギー反応が起こる可能性があります。

植物成分由来の注入剤

植物から抽出した成分を主成分とした、輪郭形成のための注入剤です。
この植物由来成分の注射には脂肪を分解させる作用や、リンパ循環作用、肌の引き締め作用などがあり、この効果によりフェイスラインをすっきりさせていきます。

施術部位

  • 1.頬骨

    1~4シリンジ

  • 2.ほうれい線

    1~2シリンジ

  • 3.下頬

    1シリンジ

  • 4.側頬

    1~2シリンジ

  • 5.あご下

    1シリンジ

料 金
全 顔 1シリンジ 12,000円
5シリンジ 50,000円

通院 
変わった反応がなければ経過診せの必要はありません。

メイク 
翌日から可能です。

洗顔・入浴 
当日から可能ですが、痛みや腫れがある場合は控えて下さい。

ダウンタイム 
皮下出血、腫れ、圧痛、しこり、紫斑、色素沈着が残る場合があります

通院の間隔 
1~2週間の間隔をあけ、5回程度の治療が効果的です

リスク・合併症
局所的に薬剤を注入するため、治療部位に凹凸が生じる場合があります。使用する薬剤はアレルギーの少ないものを選んでいますが、数%の方にアレルギーを発症する可能性があります。